■アジア最大級のヨガイベント「ヨガフェスタ」に大塚製薬の「エクエル」が出展

2017年9月16日(土)~18日(月)にパシフィコ横浜で開催された

5万人が集まるアジア最大級のヨガイベント「ヨガフェスタ」に、

女性の健康と美をサポートする成分「エクオール」含有食品「エクエル」(大塚製薬)が出展されました。

当日は多くのヨガユーザー、美や健康に敏感な女性が来場され、出展ブースも賑わっていました。

 

■女性の健康と美をサポートする成分「エクオール」とは?

大豆イソフラボンに含まれるダイゼインが腸内細菌によって代謝されて生み出される成分です。

ゆらぎ世代の女性の美と健康をサポートする成分として、いま注目されています。

 

■1日あたりのエクオール摂取量は10mgが目安

個人差はありますがエクオール10mgを体内で産生するためには、大体50mgの大豆イソフラボンが必要になります。

大豆食品から摂取する場合は、豆腐なら2/3丁(200g)、納豆なら1パック(50g)

豆乳ならコップ1杯(200g)が、エクオール10mgを作るのに必要な目安量です。

 

■エクオールの恩恵を受けられるのは、日本人の約2人に1人!?

エクオールをつくれる人の割合は、日本人の約50%といわれています。

大豆をよく食べる中国や韓国も日本と同じような割合ですが

ヨーロッパやアメリカになると約30%にとどまります。

また、同じ日本人でも世代によって違いがみられ、

若い年代の人では20~30%しかエクオールを産生できていないという報告もみられます。

 

■エクエルには女性の健康と美容をサポートする、大豆由来のエクオールが含まれております。

世界で初めて発見されたエクオールを産生する乳酸菌で大豆を発行させて作っています。

合成・抽出・濃縮を一切行っていない大豆発酵食品で、1日の目安量4粒でエクオールを10mg摂ることができます。

 

エクエルについて詳細はこちら

エクエル(エクオール含有食品)公式サイト | 大塚製薬

提供:大塚製薬株式会社

https://www.otsuka.co.jp/eql/